喘息の発作は、アレルゲンの侵入により気管支にある筋肉・気管支平滑筋が収縮するのと同時に、気道の粘膜が収縮することで炎症を起こし痰が多く作られることによって気道が狭まり呼吸困難が起こるとても苦しい症状です。
喘息持ちの人の気道は慢性的な炎症を起こしているので、いろいろ刺激で発作が起きてしまうことがあるのです。
この慢性的な炎症を改善させ、気道を広げる治療を続けることがコントロールへの近道です。完治することは難しい病気ですが、コントロールすることで発作が起きないようにすることは可能です。
気道を広げる治療には、基本、強力な抗炎症作用を持つ吸入ステロイド薬が使われます。その他に、気管支を広げる長時間作用性β2刺激薬やテオフィリン徐放薬、抗アレルギー薬などが使用されます。これらは、症状によって吸入ステロイド薬と併用して使用します。
吸入ステロイド薬は、直接炎症を起こしているところに届くため、経口ステロイド薬と比べると極微量で効果が得られます。吸入する時に口に残った薬はうがいして吐き出すと副作用を予防できますし、薬は肝臓で分解されますので、心配される副作用ほとんどありません。
しかし経口ステロイド薬は、血管を通って全身を回るため副作用を起こすことがあります。状態が悪化して強い発作を起こすと、経口薬や点滴薬など全身への影響が強い薬を使わざるを得なくなるので吸入ステロイド薬の使用を続けるなど日々のコントロールが大切です。

喘息の発作は、治療・食べ物・アレルゲン・適度な運動などに気をつけて自分でコントロールすることで防げる症状です。喘息持ちの皆さん、お互いに正しい知識を持って喘息と上手くつき合って行きましょうね!